お勧め 単発バイト

病気になる事の意味。大きな事を乗り越えると、必ず得るものがありますね(*^_^*)

人はナゼ病気になるんだろう?
ナゼ病気で命を失うんだろう?
神は、ナゼ人にそんな苦しみを与えたんだろう?

 

 

私は、自分が癌になった時に、そんな事を毎日のように考えていました。

 

看護師という仕事をしながら、病気の患者さんをみて、可哀想だな…と思いはしても、そこまで考えたことはありませんでした。

 

患者さんの心のケアをしたい…などと、口では言っていても、結局は綺麗事だったな…って気づきました。

 

だって、本当の患者さんの苦しみなんか、これっぽっちも理解出来ていなかったんです。

 

自分が病気になってみて初めて、死と直面した患者さんの気持ちがわかったんです。

 

今まで10年間も看護師をしていながら、これほどの苦しみを患者さんが背負っていた事にも気づけていなかったんですよね…>_<…

 

 

そして、自分が癌という病気を乗り越えた時に、今までは感じなかったこと、当たり前の事と気にも止めなかったことが、違って見えるようになりました。

 

自分に起こる全ての事に、生きているという実感を感じることが出来るようになりました。

 

毎日の生活の中にあることは、全て偶然ではなく必然なんだと…。

 

全ての事に意味があり、無駄なことなんて一つもないんだ、と気づくことが出来たんです。

 

病気になったこと。
それだって、自分には大切な意味のある出来事だった…そう今は思っています(*^_^*)

 

そんな闘病生活の中での、人との出会い。
同じ病気の人からもらった勇気や元気。

 

妊娠、出産が可能な体にと、治療を考えてくれたドクター。

 

どんな時も、私を大事に考え守ってくれた主人。

 

自分の寿命を我が子に…と毎日いのってくれた両親。

 

病気になったからこそ、気づけた人との出会いの大切さ、そばにいる人への感謝の気持ち…。

 

病気になったからこそ、死と直面したからこそ、得ることの出来たものですよね(*^_^*)

 

たとえ苦しいことがあっても、辛いことがあってもそれは、生きているから…。

 

生きていること、それがどれほど素晴らしい事なのか、今はよくわかります。

 

辛いこと、悲しいことを嘆く時間があったら、もっと生きている時間を有意義に大切に過ごしたい(*^_^*)

 

家族で笑いあえる時間を過ごしたい…。

 

当たり前のような毎日を大切に生きたい。

 

 

私は、癌という病気を乗り越え、苦しみを乗り越え、生きる上で一番大切なものを得た気がします(*^_^*)