年休はしっかりと消化出来ていますか?

看護師の仕事は体力的も精神的にもハードで、夜勤もあって、不規則勤務があったり、生死に関わることがあったり、というイメージがあると思うのですが、近ごろの高齢化社会で看護職は非常に需要が高く、でも、一方で、20代後半から30代にかけての離職率がとても高く、復帰しようにも子育てと仕事を両立できる環境でなかったり、歳を取ってからでは体力的にきつい仕事はしたくない、出来ないという環境で、なかなか復職しなかったり、看護師免許を取得している人は大勢いても、それを生かしていけない現実があるみたいです。なかでも休みがなかなか取れない、申請しても嫌がられる、夜勤明けの休日で処理されてしまう、ということがあるみたいです。看護師の離職は病院側にとっても痛手なんですよね。だから、病院側も経営戦略として、労働条件の整備に力を入れてきているようです。私の働いている病院は、年休消化をとても進めています。しっかり休めることが良い仕事につながり、間違いなく、それは患者様のためになるからです。シフトを決めるのは上司なので、上司の手腕次第ということもあります。そうすると、看護師といえど、様々な家庭環境の中で暮らしているわけなので、どの看護師がどんなライフワークバランスを求めているのか知っておく必要があり、上司との面談があったり、上司が家庭環境も時々気にかけてくださいます。こういう職場はまだ数は多くないのかもしれません。休むことにためらいがある時というのは、自分がいないと周りに迷惑がかかるんじゃないか、と思う時なんです。でも、私の上司はしっかり“休んでしっかり働く”がモットーなので、それは私達にも要求します。このような要求はありがたい要求で、お陰様で年休はしっかり消化できています。