お勧め 単発バイト

お勧めの看護師単発バイトは?

お勧め,単発バイト

 

看護師の中には、単発バイトをしている方は沢山います。

 

ダブルワークとして、空いている日に単発バイトをしている方、常勤として働きながら、給料アップの為に単発バイトをしている方など、その理由は様々です。

 

単発バイトはいろいろな職場で求人がありますが、職場によって働きやすさや給料は全く違ってきます。

 

いくら単発とはいえ、働きやすい、自分にあった職場を選びたいですよね。

 

そこで、それぞれの単発バイトの特徴をご紹介します。

 

一番お勧めなのは、ツアーナースやイベントナースですね。

 

イベントなどの日帰りの仕事と、旅行などに同行する泊まりの仕事があるのですが、毎回違う観光地などに行けるので、新鮮な気分で仕事ができて、楽しいですよ。

 

もしもの為に看護師が同行する、といった感じなので、業務内容は楽です。

 

それでいて給料が高いので、人気がありますね。

 

そして、デイサービスなどの福祉系の職場は、給料が安いというのがデメリットですが、残業もなく落ち着いて働く事ができます。

 

同じような福祉系の仕事でも、訪問入浴は高いです。

 

時間が決められているので残業もありませんが、業務内容はハードです。

 

健診センターなどで働く健診バイトは、いろいろな検査機器を使う為、慣れるまでに時間がかかりますが、時給は高いですね。

 

逆にあまりお勧めできないのは、病棟やクリニックの単発バイトです。

 

病棟やクリニックの仕事はチームワークが必要となる為、単発で仕事をしてもスムーズに仕事ができないと思います。

 

特に急性期の職場は、仕事についていくのが大変です。

 

このように、職場によって、大きな差がありますから、単発バイトをする場合には、自分の働き方に合わせた職場を選ぶ事が大切ですね。

ツアーナースは高給?

お勧め,単発バイト

 

看護師の仕事にもいろいろありますが、ツアーナースの仕事は、かなり特殊です。

 

中高の修学旅行や自然教室、企業の旅行など、泊まりがけの仕事が多く、拘束時間が長い事もあり、給料は高いですね。

 

旅行の間、生徒や職員、または社員の皆さんと全ての行動に同行するので、病院などで働いているよりも、長い時間拘束されます。

 

泊まりの場合は、睡眠時間以外は拘束されてしまいます。

 

しかし、ツアーナースの主な仕事は、健康管理です。

 

何かあった時の為に同行している状態ですから、実際には何も起こらないことがほとんどなんです。

 

学校の修学旅行の場合は、養護教諭も同行しますから、責任面からみても楽ですよね。

 

このように、ツアーナースの仕事内容は、かなり楽です。

 

看護師の出番がない時も沢山あります。

 

ツアーナースの給料が高いのは、拘束時間が長い事が理由ですね。

 

しかし、拘束されるとはいえ、イベントや観光に同行する訳ですから、何もなければその場の状況を楽しむ事ができます。

 

そこで気になる給料ですが、スポーツイベントなどの日帰りの仕事の場合は、日給1万円、泊まりの場合は、1泊で2万円が相場のようです。

 

修学旅行などは、3、4泊という場合が多いので、1回のツアーナースで、6?10万円稼ぐ事ができます。

 

同行している間は、食事や交通費はもちろん無料ですし、個室が与えられますから、快適に過ごす事ができるんですよ。

 

旅行が好きな方などは、仕事を兼ねて観光を楽しむ事もできます。

 

時間に自由が利いて泊まりの仕事が可能な方には、お勧めの仕事だと思います。

 

ツアーナースの仕事は、ツアーコンダクターに近い雰囲気があるかもしれませんね。

 

常に、新しいいろいろな人との出会いが楽しめる仕事でもあります。

老健・老人病院での急変時の対応。ドクターはすぐに対応してくれる??

お勧め,単発バイト

 

福祉系の施設には、いろいろな種類がありますよね。

 

それぞれ、ドクターの対応の仕方にも違いがあります。

 

老人病院は、ドクターが常勤しているので安心ですよ。

 

1人だけではなく、複数のドクターがいますし、夜間でも当直のドクターがいるので、24時間すぐに対応できる状態です。

 

老健も、施設医が常勤しているんですが、24時間対応できない所も多いですね。

 

施設医が近隣にあるのだったら、何かあった時にすぐに駆けつけることができるんですが、地方の場合はドクターが不足しているので、県外からドクターを雇っているといったケースがあるんです。

 

そのような施設では、週末は大変ですよね。

 

県外に済んでいるドクターは、週末は自宅に帰ってしまう事があるので、まず駆けつけるのは無理です。

 

それに、施設というのは検査設備が整っていないので、充分な医療行為が出来ないんです。

 

そんな時には、近くの病院に救急搬送して対応してもらっていますね。

 

老健や老人病院というのは、慢性期の状態の方が入院や入所してるんですけど、高齢者の方は、基礎疾患を持っている人がほとんどですよね。

 

だから、いつ何が起こるかわからない状態なんです。

 

急変も多いですよ。

 

肺炎や尿路感染症、心不全、突然の心配停止もあるんです。

 

多くの方は脳梗塞を基礎疾患として持っていて、その再発の頻度も高いんです。

 

高齢者の方は、いろいろな疾患が関わっていて、いろいろなケースが考えられるので、結構大変ですよ。

 

でも、どんな状況でも、ドクターの指示に従って対応をしていますね。

 

施設医が常勤していないと不安な感じもしますけど、施設の整った病院で対応してもらえますから、慌てないで落ち着いて処置をする事が大切ですよね。